初心者がスキーツアーで楽しく過ごすコツについて

初心者がスキーツアーに初めて参加する際は、楽しく過ごす為のコツを守る事が大切です。


いくつかのコツを守れば、それだけ楽に面白く、しかもリーズナブルにスキーで遊ぶ事ができます。


まず、バスを利用したスキーツアーに参加する際は、道具を自前で用意するかレンタルするかを決めましょう。

All Aboutの情報が沢山詰まったサイトです。

ここでポイントになるのが、レンタルの条件です。
用具の中にはレンタルできるものとできない物とがあり、また、貸出期限が設定されているものです。

スキーツアー情報はこちらに集まります。

全ての道具をレンタルで揃えるのは難しいですので、最低限、自分で用意すべきものを把握しておきましょう。

例えば、ウェアの下に着るインナーや、着替えといった衣類は自分で用意すべきものです。
レンタルウェアの貸し出しを行っているゲレンデは多くありますが、下に着るものは予め購入しておきましょう。
また、あった方が良い物として、タオルとネックウォーマーがあります。

タオルは汗拭きに使い、汗冷えを予防するのに必須です。

また、ネックウォーマーは顎まで覆えるものを用意すると便利です。

ゲレンデを下る時、スピードが出ると顎の辺りが冷やされて痛くなり、とても滑走を続けられません。
顎まで覆えるもので保護すると快適になります。

次に、ツアーに利用されるスキー場に気を配る事です。



参加する方のレベル相応が基本ですが、快適性を高める為にも一工夫をしましょう。
スキーを初めて身に付ける方同士で行くのなら、インストラクターに指導してもらえる所を選ぶ事が大切です。
実力のあるインストラクターに教えてもらえば、すぐに上手になってゲレンデを楽しめるでしょう。

その他にも、斜度やコース幅にも気を配りましょう。

急なコースばかりでコース幅の狭い所等は、初心者向きとは言えません。

面積とコース数に注目して、面積の割にコースが多すぎる場合も、コースが狭くて滑りにくい環境になっています。